声優という職業はすごいですね。
プロの最も評価されている声優の繰り出す
声は本当に7色の声と表現されるほど、
別人のような声が1人の声優から発せられます。
しかも、その声が躍動感があって、
本当にキャラクターが活き活きと話しているように
感じるのがまたすごいところです。
こうした声優という職業ですが、
監督から求められた言葉を、うまく提出することが
大事になってきます。
監督がそのキャラクターに求めている
イメージをいかにして自分の技術で引き出していくかが
ポイントなんのすね。
この際、声優さんは、いろんな声を出してみて、
監督がどの声を求めているのかを知る必要がありますが、
一つのコツとして、監督が求めているものよりも
大げさに演じてみるというのもいいそうです。
声での表現は肉体が見えませんので、その分
声をオーバーにしたほうがより聞いてくれている人に
伝わるということなのでしょうか。
声優という職業もまたプロの職人のように
ひとつずつ自分の出せる声を磨いていくものなのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*